「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

運動もカロリー制限も不要! 4つの生活習慣で楽ちんダイエット

1. 他人に親切にしよう
オーストラリアのアデレード大学の研究によると、幸福感を向上させるのがダイエットに有効だと思われます。 この研究で用いられた幸福感を感じる方法は次の3つ:
  • いつも良い面に目を向ける。ポジティブ思考。
  • 嬉しかった出来事を「当然だ」と受け止めずに「ありがたい」と感じるようにする。
  • 他人に親切にする。 他人に親切にすると良い気分になります。 1日三回は親切行為をするようにしましょう。
他の研究では、運動習慣を続けたり果物・野菜を食べる量を増やしたりする人の幸福度が高いことが示されています。
運動がダイエットに有効であることは誰もが知っていますが、野菜・果物にもダイエット効果があります。 運動・食事と幸福感とダイエットの3つは相互に関係しあっているのかもしれませんね。
2. 朝の光を浴びよう

2014~2015年にかけて発表されたノースウェスタン大学の研究で、朝早くに強い光(光が強ければ人工の照明でも良い)に当たる人はBMIと体脂肪率が低くいという結果になっています。 研究チームの計算によると、朝の明るい光に当たるまでの時間が1時間遅くなるごとにBMIが1.28増えます。

朝の光が体重に影響する理由としては、光がサーカディアン・リズムやホルモンに影響するためではないかと考えられています。 また、2014年に "Diabetes" 誌に掲載された研究では、紫外線を浴びたマウスは太りにくいという結果になっていて、その理由は紫外線が皮膚に当たることで生じる一酸化窒素ではないかと考えられています。

照明を付けたまま眠る女性は太りがちであるという研究や、規則正しい睡眠リズムがダイエットに有効だという研究もあるので、ダイエットには就寝・起床のリズムと光・闇のリズムの両方が大切だと言えるでしょう。

3. ホラー映画を観よう

2012年に発表されたウェストミンスター大学の研究によると、ホラー映画を観るだけでカロリーが消費されます。 ホラー映画の鑑賞により生じる恐怖のためにアドレナリンが分泌されるためです。

ホラー映画を1本観ることで消費されるカロリーは平均で130kcal。 成人の1日あたりの摂取するカロリーは、年齢・性別・運動量によって異なりますが 1,600~3,000kcal 程度ですから、ホラー映画を1本観るだけで1日の摂取カロリーの1/10~1/20ほどを消費できるということになります。

4. 寒さに震えよう
寒さによって褐色脂肪と呼ばれエネルギーを消費して熱を作り出す脂肪細胞が活性化します。 褐色脂肪を活性化する目的で寒さに震えたいのであれば、気温が20℃未満の環境で毎日数時間以上を過ごすと良いでしょう。
水を飲むだけで体重が減るとする研究が複数存在しますが、それも水を飲んで体温が下がることによって褐色脂肪が活性化しているためかもしれません。
寒さに震える以外に、以下によっても褐色脂肪を活性化できる可能性があります:
  • 運動をする。
  • 心理的なストレスを受ける。(嫌な目に会う)
  • メラトニンを服用する。
  • ビタミンAを摂る。
  • オメガ3脂肪酸を摂る。
  • トウガラシを食べる。(有効成分はカプサイシン)
  • 野菜・果物を食べる。(有効成分は硝酸塩とポリフェノール)