閲覧以外でのコンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

良い香りで女性の顔の魅力がアップする。 ただし. . .

(2014年5月) "PLOS ONE" に掲載された Monell Chemical Senses Center の研究によると、女性の顔の魅力が香水などの良い香りによってアップすると考えられます。 ただし、良い香りには副作用もあって、若い女性はより若く、老けている女性はより老けて見えるようになります。

研究の方法

この研究では年齢が異なる女性8人の顔写真の魅力を、18人の若い男女(女性が2/3)に評価してもらいました。 ただし、魅力を評価する際に、5種類の匂いのうちの1つの匂いが放出されるようになっていました。

5種類の匂いというのは、魚油の生臭い匂いとバラの香りの比率を変えてブレンドしたものです。 すなわち次のような感じでしょうか:
  1. バラの香り... でも、なんか微妙に変かも。
  2. バラの香り...のはず。 でも何だか生臭い。
  3. バラと生魚の匂いだ!
  4. 魚臭い。 でも魚の生臭さに混じってほんのりと良い香りもするような。
  5. 魚の臭いですね。 基本的に生臭い。
結果

18人の被験者に、顔写真に写る女性の年齢と、魅力度、そして放出された匂いの好ましさを評価してもらったところ、良い香りによって顔の魅力度が増加していました。

ただし、良い香りが放出されたときには顔の年齢が強調されていました。 すなわち、若い顔はより若く、年老いた顔はより年老いて見えたのです。 一方、不快な匂いが放出されたときには、顔の年齢の違いは希釈化されていました。 若い顔と老けた顔の評価年齢の差が縮まったのです。
お年を召した女性は一度に使う香水の量を減らすか、バラなどのように明快に良い香りの香水ではなく、もっと複雑で落ち着いた匂いの香水を使うと良いかもしれません。
コメント
研究者は次のように述べています:
「脳は、匂いの好ましさと顔の魅力を混同して評価します。 脳内の同じ1つの場所で、匂いの判断と顔の魅力の判断が行われているのかもしれません」
顔の魅力は感情的なプロセスで、そして顔の年齢は認知(理性)的なプロセスで判断されるのだと考えられています。