野菜や果物はダイエットに有効ではない

(2014年6月) "American Journal of Clinical Nutrition" 誌に掲載されたアラバマ大学のレビュー(過去の複数の研究のデータを調査したもの)によると、普段の食事に加えて野菜や果物を余分に食べてもダイエット効果は無いようです。

このレビューで、果物・野菜の摂取のダイエットへの効果を調べた7つほどの研究のデータを調査した結果、どの研究においても果物・野菜によるダイエット効果がほとんど見られなかったのです。

研究者は次のように述べています:

「それまでの食事に加えて、果物や野菜を食べる量を増やしてもダイエットに効果があるとは言えないようです。(つまりこのレビューは、それまでの食事を減らして代わりに野菜や果物を食べるという人の話ではない)」


ただし、果物・野菜を食べる量を増やした(それまでの食事に追加した)人でも(摂取カロリーは増えているはずなのに)体重は増えていませんでした。

「野菜や果物によって(それまでの食事量を減らさずに野菜や果物を新たに食事に追加しても)、太ることなく繊維質やビタミン類の摂取量を増やせるとは言えそうです」