コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

ニンニクに血圧降下やコレステロール改善の効果

(2016年2月) "Journal of Nutrition" に掲載(*)されたオーストラリア国立統合医療研究所によるレビューで、ニンニクのサプリメントに血圧降下やコレステロール改善などの効果があるという結果になっています。出典: Garlic Lowers Blood Pressure in Hypertensive Individuals...

(*) 2014年に "International Garlic Symposium: Role of Garlic in Cardiovascular Disease Prevention, Metabolic Syndrome, and Immunology" で発表されたものが後に "Journal of Nutrition" に掲載されました。
レビューの方法

1955年から 2013年のうちに発表された臨床試験のデータを調査しました。

結果
血圧

20の試験(被験者数合計970人)のデータを用いてニンニクの血圧への効果を調べたところ、ニンニクのサプリメントを服用したグループはプラシーボを服用したグループに比べて、収縮期(最高)血圧が平均5.1mmHg、拡張期(最低)血圧が平均2.5mmHg低くなっていました。

収縮期/拡張期血圧が140/90mmHg以上の高血圧患者のデータだけに限ると、プラシーボのグループに比べて収縮期血圧(被験者数10人)が平均8.7mmHg、拡張期血圧(被験者数6人)が平均6.1mmHg低くなっていました。

コレステロール

ニンニクのコレステロールへの効果を調べた39の臨床試験(被験者数 2,300人)のデータを調査したところ、コレステロールがわずかに高い(総コレステロール値が200mg/dL超)人が2ヶ月超のニンニク・サプリメント服用によって総コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールが10%下がるという結果でした。

免疫機能

ニンニクにはマクロファージの活性・NK細胞の数・T細胞とB細胞の生産量を増大する効果があります。 複数の臨床試験により、ニンニクにより上気道感染症(風邪)の罹患率・感染期間・重症度が下がることが示されています。

結論
ニンニクのサプリメントは副作用も少ないので、高血圧・高コレステロール血症の改善や免疫力強化を目的とする代替療法の候補として有望だと思われます。 ただし、心血管疾患(心臓病や脳卒中)への効果については、もっと長期的な試験を複数行って確認する必要があります。