閲覧以外での当サイトのコンテンツの利用をお考えの方は必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

緑茶ポリフェノールに骨粗鬆症予防の効果

(2012年9月) "Fifth International Scientific Symposium on Tea and Human Health" で発表されたテキサス技術大学の研究によると、緑茶が骨粗鬆症になるリスクを減らしてくれる可能性があります。

研究の概要

骨量が少ない閉経後の女性171人を被験者として6ヶ月間にわたる試験を行ったところ、緑茶ポリフェノールのカプセルを毎日500mg摂取したグループで骨の形成に改善が見られました。

緑茶ポリフェノールの摂取を始めてから3ヶ月以内に、骨再構築(骨再形成)を促進する効果が表れ、酸化ストレスによるダメージが減少しました。

緑茶を4~6杯飲むと500mgの緑茶ポリフェノールを摂ることが出来ます/p>

解説
骨粗鬆症は現在の技術では治すことの出来ない病気なので予防が大事ですが、研究者によると、緑茶ポリフェノールが骨粗鬆症の予防や進行抑制に有効である可能性があります。