砂糖を食べても気分は改善されない

(2017年12月) 脳の主要なエネルギー源はブドウ糖ですが、ヴァーヘニンゲン大学(オランダ)の研究グループが "Nutrition Reviews" 誌に発表したシステマティック・レビューによるとブドウ糖の摂取はほとんど気分に影響しません。

レビューの方法

ショ糖(砂糖)またはブドウ糖の摂取が気分に及ぼす影響を調べ 2017年5月までに発表された19の研究(ランダム化比較試験またはクロスオーバー試験)に目を通しました。

19の研究のうち、ブドウ糖を調べたものは13、ショ糖を調べたものは7つでした(ブドウ糖とショ糖の両方を調べた研究が1つある)。
ブドウ糖とショ糖
ショ糖は「ブドウ糖+果糖」で構成されています。

結果

ブドウ糖

ブドウ糖の気分への影響を調べた13の研究のうち7つでは、「ブドウ糖は気分に影響しない」という結果でした。 残りの6つでは「ブドウ糖は少しだけ気分に影響する」という結果でしたが、これも恐らくは、単にブドウ糖が美味しいとか(栄養摂取への)期待感などが理由だと思われます。

ショ糖

ショ糖の気分への影響を調べた7つの研究のうちに、ショ糖の摂取が気分に良い影響を与えるという結果になったものは1つもありませんでした。 気分に良くない影響を及ぼすという結果になった研究が1つありました。