閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

幸せを呼ぶ2つの生活習慣と5つの環境要因

(2016年4月) 国立政治大学(台湾)などの研究チームが個人の幸福度を決定する要因を調査した結果が "Plos One" に掲載されています。

研究の方法

中国など29ヶ国(日本はデータ不足で除外された)から集められた、生活環境や生活習慣などと幸福度との関係に関するデータを分析しました。

結果
生活環境
生活環境が以下に該当するときに幸福度が高いという結果でした:
  • 気温が適度である。
  • そよ風が吹いている。
  • 湿度が低い。
  • 大気が汚染されていない。
  • 経済的に豊かな国である(GDPが高い)。
気温が比較的低い地域(*)に住んでいる場合には、寒くなる秋と冬には不幸だけれども、その分だけ暖かくなる春には幸せでした。
(*) 高度(海抜・標高)が高い地域や、緯度が高い地域。
生活習慣
次の2つの生活習慣を実践していると幸福度が高いという結果でした:
「健康状態が良好である」という人でも幸福度が高くなっていました。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.