成人のβ細胞の再生を促進するかもしれないアルカロイド「ハルミン」

(2015年3月) "Nature Medicine" 誌に掲載された Icahn School of Medicine at Mount Sinai(米国)の研究によると、ハルミンという植物由来のアルカロイドの一種に、膵臓にあってインスリンを生産するβ細胞の増殖を促進する作用が期待できます。

成人のβ細胞を用いた実験において、ハルミンにβ細胞の分裂と増殖を安定的に促進する作用が認められたのです。 さらに、遺伝子改造によりヒトの糖尿病に似た症状を呈するマウスを用いた実験において、ハルミンの投与によりβ細胞の数が3倍に増え、マウスの血糖コントロールが改善されました。

β細胞の喪失は1型糖尿病の原因であることが昔から知られていますが、近年になって2型糖尿病にもβ細胞の機能不全が関与していることが明らかになってきました。 したがって、健康なβ細胞の量を増やす薬というのが開発は、1型と2型どちらの糖尿病にとっても有益です。

β細胞の増殖は幼い時期に盛んに行われたのち、子供時代のうちに下火になります。 β細胞の増殖が盛んである幼い時期にはβ細胞全体のうちの2%が常に分裂し続けている状態にありますが、今回の細胞実験でもマウス実験でも、ハルミンの投与によってそれと同程度の分裂ペースが再現されました。

研究チームによると、ハルミンは DYRK1A(dual specificity tyrosine-regulated kinase-1a)と呼ばれる酵素をターゲットとして作用すると思われます。
ソースとなったプレスリリース(英文)には、もう少し詳しいこと(c-MYC遺伝子がどうのこうのとか)が書いてあります。 ハルミンが実用化されるにしても、まだまだ先のことになるようです。