HbA1c値が高いと脳卒中のリスクが増加する恐れ

(2018年5月) "Journal of the American Heart Association" に掲載されたメタ分析(システマティック・レビュー)で、HbA1c値(過去1~2ヶ月間という比較的長期的な血糖値が反映される)が高い人は脳卒中になりやすいという結果になりました。

研究の方法

18才以上の糖尿病(1型または2型)患者あるいは非患者を対象にHbA1c値と脳卒中のリスクとの関係を調べた29の研究(2017年3月頃までに発表されたコホート研究またはコホート内ケース・コントロール研究)のデータを分析しました。 データに含まれる人数は53万人超でした。

結果

HbA1c値が糖尿病とみなされる範囲(6.5%以上)である場合にはHbA1c値が正常な範囲(5.7%未満)である場合に比べて、初めて脳卒中になるリスクが2.15倍(+115%)でした。

HbA1c値が糖尿病予備軍とみなされる範囲内(5.7~6.5%)にある場合には脳卒中のリスクは増えていませんでした。

糖尿病の有無

糖尿病患者のデータに限るとHbA1c値が1%上がるごとに初めて脳卒中になるリスクが17%増えていましたが、非患者(糖尿病ではない人)のデータに限るとHbA1c値と脳卒中になるリスクとの間に関係が見られませんでした。

ただし、虚血性脳卒中(脳卒中全体の85%を占める)に限ると非患者のほうがHbA1c値の増加に伴う発症リスク増加幅が大きく、HbA1c値1%上昇あたりの虚血性脳卒中の初回発症リスク増加幅が、糖尿病患者では24%だったのに対して非患者では49%でした。

推測値に基づく分析

HbA1c値に応じて分けたグループ間で脳卒中のリスクを比較することしかしていなかった研究のデータから、HbA1c値が1%上がるごとに増加する脳卒中リスクを推測したところ、糖尿病の患者でも非患者でもHbA1c値が1%上がるごとに初めて脳卒中になるリスクが17%増加していました(リスク増加幅が同じだった)。

この推測値に基づいて虚血性脳卒中に限った分析を行うと、糖尿病患者ではHbA1c値が1%上がるごとに虚血性脳卒中の初回発症リスクが24%増加していましたが、非患者ではHbA1c値と脳卒中になるリスクとの間に統計学的に関係が見られませんでした(リスク増加幅が+35%だが95%CIが0.91~2.02)。