閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

高齢者は酷暑のときに扇風機を使うと逆効果

(2016年9月) 気温が非常に高いときにも若い人であれば扇風機を使用することで心拍と深部体温の上昇を遅らせられることが知られていますが、"JAMA" に掲載予定であるテキサス大学サウスウェスタン医療センターの研究によると、高齢者の場合には気温と湿度が極度に高いとき扇風機は有害かもしれません。

研究の方法
60~80才(平均年齢68才)の男女9人(*)に室温が42℃の部屋で下着姿で、扇風機を使用して、または使用せずに(それぞれ別の日に)2時間ほどを過ごしてもらいました。 部屋の湿度は30%で、30分が経過した時点から5分おきに湿度が2%上昇してゆきました(最大で70%まで)。
(*) 男性3人、女性6人。 1人は試験中に脱落。

扇風機はサイズ(直径)が40cmで、1m離れた場所で使用しました。 この蒸し暑い部屋で過ごす間、水分の摂取は許されませんでした。 測定した項目は、心拍数・深部体温(体の中心部の体温)・発汗量でした。

結果
湿度が上がるにつれて、心拍数と深部体温が上昇してゆきました。 扇風機を使用したときのほうが、蒸し暑い部屋で過ごしたときの心拍数と深部体温の上昇が激しくなっていました。 扇風機を使用しなかったときに比べて、心拍数は1分間あたり10回(*)、深部体温は約0.3℃上がっていました。
(*) 参考までに、1分間あたりの心拍数は一般的に60~100回ほどです。
解説

上昇の幅は小幅でしたが、暑さが長時間続く場合にはそれが積み重なって、扇風機使用の影響は看過できないものとなる可能性があります。

若い人では扇風機の使用により発汗量が増えます(体温が下がりやすくなる)が、高齢者では増えていませんでした。 このことから、加齢により発汗能力が損なわれていると扇風機の効果が限定的になると思われます。

結論

今回の研究は予備的なものではありますが、気温と湿度が非常に高い酷暑環境において扇風機の使用は、高齢者の心血管および体温の負担を減らすうえで有益であるどころか有害である可能性があります。

普通の暑さのときには高齢者でも扇風機が有益だと思われますが、この点については今後の研究で確認する必要があります。