レモンと蜂蜜だけを摂取する断食がダイエットに有効??

(2016年8月) "Journal of Ayurveda and Integrative Medicine" に掲載された SDM College of Naturopathy and Yogic Sciences(インド)の研究によると、レモンと蜂蜜だけを摂る断食(以下「キューティー・ハニー」)がダイエットに有効かもしれませんし、そうではないかもしれません。

研究の背景

キューティー・ハニーは古来より様々な医療的用途に用いられており、現在でも自然療法を実践する病院において肥満・脂質異常症・アルコール性肝疾患などの治療に用いられていますが、その短期的な効果を科学的に調べたデータがこれまで存在しませんでした。

研究の方法
18~29才の健康な被験者44人(女性30人)に、レモン&ハニー(*)を1日あたり300ml×4回飲むだけという断食生活を4日間続けてもらい、その前後でいろいろ調べました
(*) 290mlの水にレモン半個と小さじ1杯の蜂蜜を加えた飲み物。 午前・昼・午後・夜の4回飲んだ。
結果

断食前に比べてBMIや体脂肪量などが減っていました。 体重の減少幅は2kgほど(BMIにして1ポイント程度)でした。 中性脂肪も減っていましたが、統計学的に有意だったのは女性だけでした(93.13mg/dL ⇒ 75.60mg/dL, p<0.01)。

副作用

疲労感や軽いめまいを感じた人が数名いました。

解説
研究チームはレモンや蜂蜜に体脂肪を減らす効果や血中脂質を下げる効果があるとする文献を挙げていますが、今回の研究からは、キューティー・ハニーの結果生じた体重減少などの効果のうちどの程度が(断食それ自体ではなく)レモンや蜂蜜の成分によるものなのかは不明です。