コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。

病院の床は病原菌だらけ。 床に置かれた物を介して最大で18%の確率で人体に移動して来る

(2017年3月) "American Journal of Infection Control" に掲載されたケース・ウェスタン・リザーブ大学(米国)などの研究により、病室の床が不潔であることが明らかになりました。 病室の床には複数のタイプの耐性菌がうごめいていて、悪質な感染症の温床となることが懸念されるというのです。

病院の床にわざわざ手を触れる人はあまりいませんが、床に物を落としたりすると、落とした物を伝って病原菌が人体に付着してしまう恐れがあります。

研究の方法

米国クリーブランド州にある5つの病院で、159の病室の318ヶ所(1部屋につき2ヶ所)で細菌を採集して培養してみました。

結果

病室の床がMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)、クロストリジウム・ディフィシル菌(C.ディフィシル菌)といった病原菌に汚染されているケースが多々ありました。

もっとも多く見られたのはC.ディフィシル菌による汚染で、C.ディフィシル菌の患者が隔離されている病室の床からも、そうでない病室の床からもC.ディフィシル菌が検出されました。

床 ➝ 物 ➝ 人

159の病室のうち患者が入院中だったのは100室で、この100室のうちの41%では、手を触れることが多い物(患者の私物や医療機器など)が床と接触していました。

そして、そのように床に接触した物をさわった手からは、MRSAとVREとC.ディフィシル菌がそれぞれ6%2%1%の確率で検出されました。 (医療用の)手袋を付けている場合には、この数字は18%6%3%でした。