閉経後の女性は不眠症で老化が加速する?

(2016年7月) "Biological Psychiatry" 誌に掲載されたカリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究によると、閉経後の女性が不眠症のであると老化が速く進む可能性があります。 出典: Hot News Flash! Menopause, Sleepless Nights Make Women’s Bodies Age Faster

研究の概要
2千人の女性のDNAサンプルを用いて肉体年齢を調べたところ、不眠症の5つの症状(*)が出ている閉経後の女性は、同年齢の(同じ年に生まれた)他の女性に比べて肉体年齢の老化が平均で2年分近く進んでいました。 ただし今回の研究だけで、不眠症が老化の原因であると確定したわけではありません。
(*) 熟睡できない・夜中に何度も目が覚める・寝付けない・朝早くに目覚めてしまうなど。