鉄と亜鉛のサプリメントが女性の認知症予防に有益かも

(2015年3月) "Nutrients" 誌に掲載されたディーキン大学(オーストラリア)のレビューで、鉄と亜鉛のサプリメントに女性の抑鬱を防止し、記憶力を維持する効果があるという結果になりました。

研究の内容

このレビューでは、対象に鉄や亜鉛の摂取が気分や認知能力に及ぼす効果を調べた11の研究のデータを分析しました。 11の研究は主として、更年期前(12~55才)の女性を対象に行われました。

データを分析したところ、サプリメントによって鉄の摂取量を増やすのが記憶力および知的能力の改善に有効で、同じく亜鉛の摂取量を増やすのが抑鬱症状が既に出ている女性や亜鉛不足の女性の抑鬱症状改善に有効であるという結果になりました。

この結果から研究チームは、鉄と亜鉛のサプリメントが認知機能の衰えを抑制あるいは抑止するのに有効ではないかと考えています。

女性と鉄(と亜鉛)

鉄は世界的に最も不足しがちな栄養素ですが、女性の場合には次の3点から男性以上に鉄不足に注意が必要となります:

  1. 月経で血を失うために鉄不足のリスクが増加する。
  2. 妊娠中にも鉄分の必要量が増加する。
  3. 男性に比べて、鉄分を含む食品を食べる量が少ない傾向にある。

女性の10~20%が鉄不足だと推算されています。 亜鉛についてはデータが不足していて不明ですが、これまでに当サイトで紹介したニュースを見ると、「亜鉛の必要性」や「亜鉛不足は万病のもと」など人体の様々な面において必要とされるミネラルであるようです。 亜鉛は風邪に対しても有効です。

鉄の補給

女子栄養大学のサイトに、鉄を摂りやすい食品が季節ごとにまとめられています。

「鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があって、ヘム鉄の方が体に吸収されやすい」とありますが、「赤身肉で心臓疾患のリスクが増える原因はヘム鉄?」によると、ヘム鉄の摂り過ぎは良くなさそうです。

ヘム鉄は赤身の肉に豊富に含まれていますが、乳ガンのリスクが増えるなど赤身肉の食べ過ぎが良くないというニュースもけっこう見かけます。