生活習慣の改善により防げるガンのパーセンテージ

(2016年5月) "JAMA Oncology" に掲載されたハーバード大学の研究によると、生活習慣の改善によってガン(種類を問わない)の発症の20~40%ほどと、ガンによる死亡の50%ほどを防ぐことができると考えられます。

生活習慣の改善
「生活習慣の改善」とは次のようなものです:
  • タバコを吸わない。
  • お酒を飲みすぎない。(女性は1杯/日以下、男性は2杯/日以下)
  • 適切なBMI(18.5~27.5)を維持する。
  • 有酸素運動(ジョギングや自転車など)をする。 (中強度の運動であれば150分/週、高強度の運動であれば75分/週)
研究の概要
白人男女13万6千人ほど(女性が約9万人を占める)のデータを用いて、健康的な生活習慣とガンの発症リスクおよび死亡リスクとの関係を調べました。