閲覧以外でのコンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

朝に強めの光を浴びる人には太った人が少ない

(2015年6月) "Sleep" 誌オンライン版に掲載されたノースウェスタン大学(米国)の研究で、朝に強めの光を浴びる人には太った人が少ないという結果になっています。

研究の方法

この研究では平均年齢が26才でBMI平均値が29の健康な成人23人(女性が過半数)に、7日間にわたって手首にモニターを装着してもらい明暗のパターンを調査しました。

身長と体重を計測してBMIを算出したほか、23人のうちの17人については二重軸吸光光度法(dual axis absorptiometry)を用いて総体脂肪率も測定しました。

結果

1日の早い時間帯に中~高強度の光を浴びることが多かったグループは、同程度の光を1日の遅い時間帯に浴びることが多かったグループに比べてBMIと体脂肪率が低い傾向にありました。

コメント
研究者は次のように述べています:
「今回の結果により光が体重の調節に影響する可能性が強まりました。 (ダイエットという観点からは)朝のうちに強めの光を浴びるように心掛けると良いでしょう」