コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

飲酒量を減らす方法

一定期間(例えば一週間)における飲酒量を減らすには、一度に飲むお酒の量を減らすか、お酒を飲む頻度を減らすかすればよろしい。
一回あたりの飲酒量を減らす方法

まず、一度に飲むお酒の量を減らす方法。 お酒に酔っているときには酔っていないときよりも自制心が弱くなるので、自分の意思によりお酒を飲む量をコントロールするというのは困難です。 したがって、自動的に飲む量が減るような方法が求められます。

そこで今回わたしが提案する飲酒量を減らす方法とは「自分が好きでない種類のお酒を飲むようにする」というものです。

私の場合、好きなお酒はビールで、好きでないお酒はワインですから、とりあえず最初はビールを飲み始め、もう十分酔っているのに惰性で飲んでいるという感じになったらワインに切り替えます。 そうすると、ワインは渋くて酸っぱくて不味いので、必然的に一口の量が少なくなり飲む量も減ります。
禁止事項

ワインを適量の炭酸水で割るということをしてはなりません。 ビールと同じような感じでゴクゴクと美味しく飲めてしまうためです。

以前うっかりワインをレモンフレーバーの炭酸水で割ってしまうという大失敗をしたことがありますが、そのときにはビールを1L飲んだ挙句、ワインのボトルを一本開けてしまいました。 ワインの炭酸水割りが飲みやすいというだけでなく、「炭酸水のボトルを使い切らないともったいない」という意識が働いたために飲みすぎてしまったのです。

飲酒の頻度を減らす方法

次に、ビールじゃなかったお酒を飲む頻度を減らす方法についてですが、お酒を飲む頻度を減らすには、お酒を飲みたくなる状態にならないことが大切です。 お酒を飲みたいときと飲みたくないときでは、お酒を我慢する大変さは段違いですから。

それではお酒を飲みたくなるのはどのようなときでしょうか? それは喉が渇いているだけでなく、お腹も空いているときです。

「喉が渇いているときのビールは美味い」と言われていますが、実は喉が渇いているだけではビールはさほど美味しくはありません。 美味しくないわけではありませんがミネラル・ウォーターを飲んだときの満足感と大差ありません。 ビールが美味しいのはお腹が空いているときなのです。

今度お酒を飲みたくなったときに一度、自分の空腹の度合いを慎重に探ってみましょう。 お酒が飲みたいときにはお腹も空いているはずです。 これを裏付けるかのように、「食欲を増進するホルモンが飲酒欲も増進していた」という研究もあります。

この研究によると、グレリンという食欲増進ホルモンによってお酒を飲みたい気持ちも高まります。 したがって、お酒を飲みたい気持ちを無くすには食欲を減らしてあげるのが有効だと考えられます。

ですので、飲酒欲を消滅させるには糖分などでカロリーを取って空腹感を消滅させれば良いということになります。 チョコレートの匂いを嗅ぐだけでもグレリンが抑制されるという話もあるので、チョコレートなら完璧でしょう。 そして喉が渇いていなくても水分をとっておけば、間違いなくビールを飲みたいという気が失せます。