腰痛の改善にウォーキングが有効

(2017年12月) チュラーロンコーン大学(タイ)の研究グループが "Musculoskeletal Science and Practice" 誌に発表したメタ分析によると、腰痛の改善にウォーキングが有効だと思われます。

メタ分析の方法

慢性的な腰背痛の患者を被験者としてウォーキングと腰背痛の関係を調べ 1980年~2017年10月のうちに発表された9つの研究(ランダム化比較試験)のデータを分析しました。 試験期間は3ヶ月未満から12ヶ月超と様々でした。

結果

試験期間が12ヶ月以下の試験において、ウォーキングが他の非薬物的治療と同程度に、慢性的な腰痛に伴う痛みや日常生活の支障の改善に有効であるという結果でした。

ただし、今回のメタ分析に用いられた研究はいずれも信頼性が低~中程度だったので、今回の結果は確定的であるとは言えません。