コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

マグネシウム摂取量が多いと骨粗鬆症による骨折のリスクが低い。特に女性で

(2017年6月) "British Journal of Nutirition" に掲載された研究で、マグネシウムの摂取量が多いと、骨粗鬆症による骨折のリスクが低いという結果になりました。

研究の方法

米国に住む男女 3,765人(平均年齢60.6才。男性 1,577人)を対象に食生活に関するアンケート調査を行ってマグネシウム摂取量を調べた後、8年間にわたり骨折の発生状況を追跡調査しました。

そして、マグネシウム摂取量(サプリメントを含む)に応じてデータを5つのグループに分割し、グループ間で骨粗鬆症性骨折のリスクを比較しました。

結果

追跡期間中に560人(男性198人)が骨折しました。 骨折のリスクに影響する様々な要因を考慮しつつ分析したところ、マグネシウム摂取量が最高のグループは最低のグループに比べて、骨粗鬆症性骨折のリスクが次のように低下していました:
  • 女性: -62%
  • 男性: -53%(ただし、95%CIが0.21~1.00と微妙)
マグネシウム摂取量が多いと骨粗鬆症性骨折のリスクが低いという関係は、膝に変形性関節炎を患っている女性で顕著でした。