漫画でメタボ患者の健康に関する意識を改善

(2018年6月) 早稲田大学などの研究グループがメタボリック・シンドローム(以下「メタボ」)の患者の健康意識を漫画で改善しようとした結果が "Archives of Public Health" に掲載されています。

研究の方法

47~73才のメタボ患者12人(女性8人)に研究グループの監修により作成された漫画を読ませました。 この漫画は、簡単に始められる食生活や運動習慣の改善に関するものでした。
クリックで画像拡大

結果

漫画を見せてから1ヶ月後、メタボ患者たちの身体活動量は増えていなかったものの食生活は健康的になっていました。 また、生活習慣の改善に関する意欲や自信にも改善が見られました。