少なくともマラソンではバスト・サイズが控えめな女性が有利

(2016年8月) "???" 誌に掲載された英国の研究によると、バストのサイズが控えめな女性のほうが少なくともマラソンにおいては有利です。

研究の方法

英国で行われたマラソン大会に出場した女性170人ほどのデータを用いて、マラソンの成績とバストのサイズとの関係を調べました。

結果

バストのサイズが大きい女性はBMIも高くマラソンを完走できる率が下がっていました。

ブラジャーのカップ・サイズが1段階大きくなるごとに、アンダーバストのサイズが60~70の場合には約4.5分、アンダーバストのサイズが80~90の場合には約8.5分、それぞれタイムが落ちていました。 例えばアンダーバストのサイズが80の場合、Aカップの人とEカップの人とでは(運動能力などの条件が全部同じだとして)タイムに35分ほどの差が出ます。

マラソンのタイムに応じてデータを4分割して胸のサイズと照らし合わせたところ、タイムがもっとも速かったグループは胸のサイズが(平均的なサイズの)75%でしかありませんでした。

結論
今回の結果から、女性の運動競技においてバストのサイズが重要な要因であると言えます。 スポーツ分野の研究において今後、バスト・サイズを考慮することが望まれます。