コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

妊娠中にダイエット飲料を飲んでいると胎児が生後に肥満児になりやすい

(2017年6月) "International Journal of Epidemiology" に掲載された研究によると、ダイエット・コーラのように人工甘味料が使われた飲料(以下「ダイエット飲料」)を妊娠中に毎日飲んでいると生まれる子供が生後に肥満するリスクが増加する恐れがあります。

研究の方法

デンマークに住む妊娠中の女性918人を対象に食生活に関するアンケート調査を実施してダイエット飲料を飲む量を調べたうえで、子供が生まれた直後、生後5ヶ月目と1年目、および子供が7才になったときに子供の体重と身長を測定しました。

結果

9%の女性が、妊娠中にダイエット飲料を毎日飲んでいました。

子供の体重に影響する様々な要因を考慮しつつデータの分析したところ、胎児のときに母親がダイエット飲料をまったく飲んでいなかった子供に比べて胎児のときに母親がダイエット飲料を毎日飲んでいた子供は、7才の時点で肥満しているリスクが93%高いという結果になりました。

関連研究

これまでの研究で、カロリーがゼロの人工甘味料であっても、摂取することによって①体重が増えたり、②太りやすい体質になったり(*)、③高カロリーの食事に対する欲求が強まったり(†)することが示されています。

(*) 妊娠期間中の体重増加が過度であると太った子が生まれやすいという研究があります。

(†) マウス実験ですが、妊娠中の食事が高脂肪だと生まれる子供が肥満しやすい体質になるという研究があります。