ビタミンB類が認知症予防の効果を発揮するにはオメガ3脂肪酸が必要

(2016年1月) ビタミンB類が認知症の予防に有効であるとか有効でないという研究がこれまでに発表されていますが、"Journal of Alzheimer's Disease" に掲載されたオックスフォード大学などの研究によると、ビタミンB類が認知機能低下の抑制に効果を発揮するにはオメガ3脂肪酸が必要です。

研究の方法

軽度認知障害(MCI)の患者250人超の認知機能とオメガ3脂肪酸(DHAとEPA)の血中濃度を測定したのち、患者たちを2つのグループに分けてビタミンB類(葉酸・ビタミンB6・ビタミンB12)のサプリメントまたはプラシーボを2年間にわたり服用してもらいました。 そして2年後に再び認知機能を測定して当初のスコアと比較しました。

結果
ビタミンB類のサプリメントを服用したグループのうち試験開始時点でオメガ3脂肪酸血中濃度が高かった人に限って、認知機能の衰え方がプラシーボのグループよりも顕著に軽微でした。 オメガ3脂肪酸血中濃度が低い場合には、ビタミンB類を服用していても認知機能の衰え方がプラシーボのグループと同程度でした。
この研究チームの以前の研究では、オメガ3脂肪酸の血中量が多い場合にのみビタミンB類の服用によりMCI患者における脳の萎縮速度が鈍化するという結果になっています。

ビタミンB類による認知機能維持への効果においてはEPAよりもDHAの血中濃度の方が重要であると思われますが、この点に関しては今後の研究で確認する必要があります。

コメント
研究者は次のように述べています:

「これまでの研究では、ビタミンB類によりMCI患者の脳の萎縮や記憶力の低下を鈍化あるいは予防できること、そしてビタミンB類のこの効果がホモシステイン(*)の血中濃度が平均以上であるMCI患者において最も顕著であることが示されています」

「オメガ3脂肪酸・ホモシステイン・脳の萎縮速度の間に関係があることはわかっていた(†)のですが、オメガ3脂肪酸とビタミンB類の相互作用により認知機能の衰えが阻止されるかどうかを調べたかったのです」

(*) ホモシステインは脳にとって有害な物質で、これを分解するには葉酸・ビタミンB6・ビタミンB12が必要となります。 MCI患者の中でも認知機能が低下している理由がビタミンB不足によるホモシステインの増加である場合にビタミンBの補給の効果が高いということでしょう。

冒頭にもリンクを貼った「ビタミンB12と葉酸のサプリメントは認知症予防に効果が無い」では、ビタミンB12と葉酸のサプリメントによってホモシステインは減ったものの認知機能への効果は見られないという結果になっています。

(†) オメガ3脂肪酸にホモシステインの量を減らす作用があることが知られています。 オメガ3脂肪酸により冠動脈疾患のリスクが減る理由の1つも、オメガ3脂肪酸のこの作用のお陰だと考えられています。