地中海地方の食事で子宮ガンのリスクが低下

(2015年5月) "British Journal of Cancer" に掲載された IRCCS-Istituto di Ricerche Farmacologiche(イタリア)の研究で、メディテラネアン・ダイエット(地中海地方の食事)により子宮内膜ガン(子宮体ガン)のリスクが半減するという結果になりました。

研究の方法

この研究では、5千人超のイタリア人女性の食事内容がどれだけメディテラネアン・ダイエットに近いかを調べたうえで、食事内容と子宮内膜ガン発症リスクとの関係を調べました。

具体的には、メディテラネアン・ダイエットの特徴を9つの要素(野菜摂取量が多いとか、乳製品の摂取量が少ないなど)に分類して、女性たちの食事が9つの要素にどれだけ合致しているかを採点しました。 そして、その点数に応じて女性たちをグループ分けして、子宮内膜ガンのリスクと照らし合わせました。

結果

9つの要素のうち7~9つに合致する食事をしていたグループでは、子宮内膜ガンのリスクが(9つの要素のうち0~3つにしか合致しない食事をしていたグループに比べて)57%低下していました。

9つの要素のうち6つに合致する食事をしていたグループでは46%、5つに合致する食事をしていたグループでも34%、子宮内膜ガンのリスクがそれぞれ低下していました。 4つ以下しか合致していないグループでは子宮内膜ガンのリスク低下は見られませんでした。

研究の弱点
今回の研究には、食事内容のデータを女性たちの記憶に頼ったという弱点があるため、今後の研究で今回の結果を確認する必要があります。