コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

食生活がヨーロッパの伝統的な食生活に近い大腸ガン患者は死亡リスクが低い

(2017年2月) "Journal of Nutrition" に掲載されたクリスティアン・アルブレヒト大学キール(ドイツ)の研究で、大腸ガン患者の食生活が地中海地域の伝統的な食生活(メディテラネアン・ダイエット)や北欧の伝統的な食生活(ノルディック・ダイエット)に近いと死亡リスクが低いという結果になりました。

研究の方法

大腸ガンと診断されてから6年(中央値)が経過しているドイツ人の大腸ガン患者 1,404人(平均年齢69才、56%が男性)の食生活を調べたのち、中央値で7年間にわたり生存状況を追跡調査しました。 データの分析においては、大腸ガン患者の予後に影響する様々な要因を考慮しました。

結果

追跡期間中に204人が死亡しました。

メディテラネアン・ダイエット

食生活がメディテラネアン・ダイエットにどれだけ近いかに応じてデータを4つのグループに分けた中で、食生活がメディテラネアン・ダイエットに最も近かったグループは最も遠かったグループに比べて、総死亡リスク(死因を問わない死亡リスク)が52%低いという結果でした。

ノルディック・ダイエット

同様に4つのグループに分けた比較で、食生活がノルディック・ダイエットに最も近かったグループは最も遠かったグループに比べて、総死亡リスクが37%低いという結果でした。 ただし、ノルディック・ダイエットに関しては統計学的な有意性に問題がありました(95% CI: 0.39- 1.04)。

メディテラネアン・ダイエットとノルディック・ダイエット
メディテラネアン・ダイエットは健康への効果を調べた研究も盛んに行われていて、健康的な食生活の代名詞と言われるほどの地位を確立していますが、ノルディック・ダイエットの健康効果を調べた研究はかなり少数です。 獣肉よりも魚を食べるという点と、野菜・果物に加えて全粒穀物を食べるという点で両ダイエットは共通しています。
言葉の意味
日本語の「ダイエット」はもっぱら「体重を減らすこと」という意味で使われますが、メディテラネアン・ダイエットやノルディック・ダイエットの「ダイエット」は「食事法」という意味です。 「メディテラネアン(mediterranean)」は「地中海の」という意味の英語です。 「ノルディック(nordic)」は「北欧の」という意味の英語です。
メディテラネアン・ダイエットでよく食べる食品

メディテラネアン・ダイエットでは、果物・野菜・オリーブオイル・魚・ナッツ類全粒穀物をよく食べ、赤ワインも少し飲みます。 赤身肉はあまり食べません。

長鎖オメガ3脂肪酸(に含まれるタイプの脂肪)の摂取量が多い大腸ガン患者は死亡リスクが低い(多いほど低い)という結果になった研究や、赤身肉や加工肉(ソーセージやハム、ベーコンなど)を食べることが多い結腸ガン患者は死亡リスクが高いという結果になった研究があります。

ノルディック・ダイエットでよく食べる食品
ノルディック・ダイエットの特徴は、魚・アブラナ科の野菜(キャベツやカリフラワー、ブロッコリー、ケールなど)・根菜(ニンジンなど)・全粒穀物(ライ麦パンやオートミール)・りんご・梨・ベリー類です。 北欧地域の厳しい気候が反映されたメニューとなっています。