「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

生活習慣の改善などによって認知症による記憶力低下の改善に成功

(2014年10月) "Aging" 誌オンライン版に掲載されたカリフォルニア大学ロサンゼルス校などによる論文において、生活習慣の改善などを含む多角的な治療アプローチによりアルツハイマー病などによる記憶力の喪失を改善できた事例が報告されています。

治療アプローチの内容

この治療アプローチは36の実践項目から成りますが、患者個人に合わせた治療計画を用意するために、患者ごとに実行すべき項目が異なります。

例えば、過酷な仕事についていて家に帰る道順がわからないようになったという女性患者に処方された計画は次のようなものでした:
  1. 単純炭水化物(砂糖など)を一切食べないようにして体重を9kg程度落とした。
  2. グルテンと加工食品を一切食べないようにし、野菜と果物、天然ものの魚介類を食べる量を増やした。
  3. ストレス解消を目的としてヨーガを始めた。参考記事: 中年の頃のストレスもアルツハイマー病の原因に
  4. 同じく仕事によるストレス解消を目的として、20分の瞑想を1日2回行うようにした。
  5. 毎晩メラトニンを服用するようにした。
  6. 4~5時間だった睡眠時間を7~8時間に増やした。参考記事: 脳の老廃物を除去するのに睡眠が必要
  7. メチルコバラミン(活性型のビタミンB12)を毎晩服用するようにした。参考記事: ビタミンB群が軽度認知症に有効
  8. ビタミンD3を毎日服用するようにした。参考記事: ビタミンD が認知機能の維持に有効かも
  9. 魚油(オメガ3脂肪酸)を毎日服用するようにした。
  10. コエンザイムQ10 を毎日服用するようにした。
  11. 電動フロスや電動歯ブラシを使うようにして、口腔衛生の改善に力を入れた。参考記事: 歯磨きで女性の認知症リスクが減少?
  12. 医師と相談したうえで、中止していたホルモン補充療法を再開した。参考記事: 更年期障害の症状の1つとして記憶障害も
  13. 夕食と朝食のあいだに何も食べないようにし、毎日12時間のプチ断食を行った。 さらに、夕食後から寝る前までにも、3時間以上は何も食べない時間を設けた。参考記事: 空腹感にアルツハイマー病予防の効果?
  14. 週に4~6日は30分以上運動するようにした。参考記事: 運動が認知症・アルツハイマー病にもたらす効果

この治療アプローチの難点は遵守事項が多すぎるという点で、治療計画を完全に実行できた人は一人もいませんでした。

ただし薬を何種類も飲むのと違って、副作用がないどころかダイエットができるとか全体的に健康になるという副効果があります。

上例には登場していませんが、この治療アプローチでは、ココナッツ油や、レスベラトロール、アシュワガンダ(インドで民間療法として使われるハーブ)などのサプリメントも使われることがあります。

結果

この論文で報告されているのは10人の認知症患者で、そのうちの9人がこの治療アプローチによって記憶力の改善に成功しました。 治療計画を開始してから3~6ヶ月で記憶力の改善が主観的および客観的に認められました。

患者10人のうちの6人は、記憶力の低下が原因で仕事を止めてしまっていたのですが、全員がこの治療によって仕事に戻ることが出来ました。 記憶力改善の効果も維持されており、論文が書かれた時点において、最長で2.5年間は記憶力が改善された状態が維持されています。

今回の患者の詳細
10人の患者の記憶力低下の原因となった疾患は、アルツハイマー病・健忘性軽度認知障害(aMCI)・主観的認知障害(SCI)などでした。 今回の治療アプローチによっても記憶力が改善されなかった一人というのは、進行したアルツハイマー病の患者でした。
主観的認知障害
主観的認知障害とは、思考・記憶力のテストという客観的な尺度では問題が無いのに、本人には認知機能の衰えによる悩みがあるという症状です。
患者たちの健忘症状は例えば次のようなものでした:
  • 進行性の記憶力低下。車を運転中の方向感覚喪失。何匹もいるペットの名前を間違える。
  • 仕事先で馴染みの人の顔を忘れる。ロッカーの鍵を開けるための番号を忘れる。仕事のスケジュールを忘れてばかりする。
  • 物忘れがひどいのでメモ代わりの iPad を片時も手放せない。 ところが、その iPad のパスワードまで忘れてしまう始末。 言葉の途中で思考の流れが途切れ、言ってないのに言ったつもりになっていることが良くある。
留意点

今回の研究は事例研究なので、今後の臨床試験により効果を確認する必要があります。

ニューヨーク大学の教授は、この治療アプローチのうち食事療法・運動・睡眠・ストレス解消・炎症軽減については科学的な根拠があると述べる一方で、サプリメントの服用に関しては「コストがかかるうえに効果が定かではない」と否定的です。