「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

「胃腸 ⇒ メンタル」の場合と「メンタル ⇒ 胃腸」の場合とがある

(2016年7月) "Alimentary Pharmacology & Therapeutics" 誌に掲載された研究によると、過敏性大腸症候群(IBS)がまず生じた後にメンタル面での問題が生じるケースと、メンタル面での問題がまず生じてからIBSが生じるケースがあります。

この研究において、不安症や抑鬱が見られたグループは(不安症も抑鬱もなかったグループに比べて)1年後にIBSまたは消化障害になることが多く、逆に当初にIBSまたは消化障害だったグループは(IBSも消化障害もなかったグループに比べて)1年後に不安症や抑鬱になることが多かったのです。

メンタル面での問題と胃腸の問題の両方が生じる人のうち、先にメンタル面での問題が生じていたのは1/3ほどで、残りの2/3では先に胃腸の問題が生じていました。