楽天的な男子は虫歯が少ない。 女子は逆に虫歯が多い

(2016年8月) インドでの研究チームが子供の心理的な状態と虫歯(治療済みのものを含む)や抜けた歯の数との関係が調査した結果が発表されています。

研究の方法
インドに住む12~15才の子供たち2千人超を対象に、心理的な状態を調べるための調査(*)と歯科検診を行いました。
(*) 子供本人を対象にアンケートを実施したほか、子供の親に子供の普段の振る舞いを尋ねるアンケートを実施した。
結果
主な結果は次の通りです:
  • 楽天的な男子は楽天的でない男子に比べて虫歯や抜けた歯が少なかった。
  • 女子は逆に、楽天的である場合に楽天的でない場合よりも虫歯や抜けた歯が多かった。
  • 男子に限り、劣等感が少ない子供は虫歯や抜けた歯が少なかった。
  • 男子に限り、主観的に友好的な(*)子供は虫歯や抜けた歯が少なかった。
  • 男子に限り、不幸度が低いと虫歯や抜けた歯が少なかった。
(*) 子供本人が「自分は他者に対して友好的だ」と感じているということ。