閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

偏頭痛と鼻炎の関係

"Cephalalgia" 誌(2013年11月)に掲載された米国の研究によると、偏頭痛は鼻炎(鼻のアレルギー、季節性のアレルギー、または花粉症)のある人でひどくなる傾向にあります。 ただし、鼻炎が原因で偏頭痛が頻繁に起こっているのか、偏頭痛が鼻炎の原因となっているのかは不明です。

この研究では、偏頭痛持ちの人たち 6,000人にアンケートに回答してもらいました。 そして、回答者を鼻炎のタイプに応じて次の3つのカテゴリーに分類しました:

  • アレルギー性鼻炎: ペットの毛や、カビ、花粉などのアレルギー性の物質でのみ鼻炎になると回答した人たち。

  • 非アレルギー性鼻炎: タバコの煙や、天気の変化、香水、ガソリンなどの非アレルギー性の物質でのみ鼻炎になると回答した人たち。

  • 混合型鼻炎: アレルギー性および非アレルギー性の物質に反応して鼻炎になると回答した人たち。
アンケートを分析した主な結果は次の通りです:

  • 6,000人の2/3が鼻炎があると回答した。

  • 鼻炎のある偏頭痛者では、鼻炎の無い偏頭痛者に比べて、偏頭痛の頻度が多い率が33%高かった(頻度が33%多いわけではないのに注意。 頻度がどれだけ多くなるかはソース記事からは不明)。

  • なかでも混合型鼻炎の人が最も偏頭痛がひどく、偏頭痛の頻度が多い率が45%高く、激しい頭痛に襲われる率が60%高かった。
研究者は次のように述べています:

「これまで鼻は、偏頭痛の頻度および重症度に関与していないと考えられていましたが、今回の研究で示されたように、鼻炎によって偏頭痛が悪化するのであれば、偏頭痛の治療法において鼻炎の治療が有効なアプローチとなるかもしれません」


過去の研究にも、アレルギー性鼻炎の偏頭痛者にアレルギーを治す注射をしたところ、注射を受けなかったグループと比べて、偏頭痛の発作が52%も減るという結果になったものがあります。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.