乳製品の摂取量と死亡リスク(システマティック・レビュー)

(2019年5月) スペインの研究グループが乳製品の摂取量と死亡リスクの関係を調べたシステマティック・レビューを "Advances in Nutrition" 誌に発表しています。
著者: Ivan Cavero-Redondo et al.
タイトル: Milk and Dairy Product Consumption and Risk of Mortality: An Overview of Systematic Reviews and Meta-Analyses

レビューの方法

乳製品の摂取量と死亡リスクの関係を調べ 2018年4月までに発表された8つのメタ分析のデータを分析しました。 各メタ分析に含まれる研究の数は6~26、調査対象となった人数は2万4千人~94万人、死亡件数は5千件~12万7千件といったところです。

結果

乳製品の摂取量と総死亡リスクとの間に関係は見られませんでした。 牛乳だけや、チーズだけに限った分析でも同様でした。