牛乳をよく飲む人は虫歯菌が少ないが...

(2018年3月) "Plos One" に掲載されたウメオ大学(スウェーデン)などの研究で、牛乳をよく飲む人は虫歯菌が少ないことが明らかになりました。

研究の方法

スウェーデンに住む17才の思春期男女154人を対象に、アンケートで食生活を尋ねたり口腔内に住む細菌の種類構成を調べたり虫歯の数を調べたりしました。 さらに、成人男女3万人超の食生活や虫歯の数などのデータ(口内細菌は調べてない)を用いて思春期男女の結果をある程度確認しました。

結果

牛乳をよく飲む(平均3.66杯/日)グループは牛乳をあまり飲まない(平均0.41杯/日)グループに比べて、唾液や歯垢に存在する虫歯の原因菌(Streptococcus mutans)の量が少ないという結果でした。

ただし、思春期男女でも成人でも、牛乳をよく飲むグループのほうが虫歯が少ないというわけではありませんでした。 これは、牛乳をよく飲むグループのほうがクッキーなどの甘いものを食べることが多かったせいかもしれません。