食事内容で認知機能の衰えに7.5年分の差が付く

(2015年8月) 認知能力の衰えは自然な老化の一部として生じますが、"Alzheimer's & Dementia" 誌に掲載されたラッシュ大学(米国)の研究によると、食事内容によってはこの認知能力の衰えにブレーキをかけることが出来るかもしれません。出典: Eating Away at Cognitive Decline

米国人の高齢者(平均年齢81.4才)960人を4.7年間にわたり追跡調査したところ、普段の食事内容がMIND(下記参照)と呼ばれる食事療法のものに最も近い人では、MINDからかけ離れた食事をしている人に比べて認知能力(記憶力や知覚速度など)が7.5年分ほど若かったのです。

MINDとは

MINDとは今回の研究チームの1人が考案した食事療法です。 「MIND」は "Mediterranean-DASH Diet Intervention for Neurodegenerative Delay(神経変性を遅らせるための地中海食&DASHによる介入)" の略で、その名が示す通りメディテラネアン・ダイエットとDASHから認知機能の維持に有益であると考えられる食品と栄養素が盛り込まれています。

地中海食とはメディテラネアン・ダイエット(地中海地方で食べられている食事)のことで、DASH(Dietary Approaches to Stop Hypertension)とは高血圧を防止するための食事のことです。
メディテラネアン・ダイエットは認知症予防に良いとされています(参考記事: 地中海地方の食事が認知機能の維持に有効?)。 また、高血圧は認知症のリスク要因です。
MINDの内容

MINDは脳の健康に良い10種類の食品と、健康に悪いので控えるべき5種類の食品から構成されています。

MINDで推奨されない食品
  • 赤身肉
  • バター、マーガリン(1日あたり小さじ1杯まで)
  • チーズ(週に1回まで)
  • 焼き菓子・デザート類(週に1回まで)
  • 揚げ物、ファーストフード(週に1回まで)
MINDで推奨される食事
  • 全粒穀物を毎日3食分食べる。
  • 葉野菜も毎日食べる。
  • 葉野菜以外の野菜も毎日1種類食べる。
  • ワインをグラスに毎日1杯飲む。
  • 間食を食べるならナッツ類
  • 1日おき程度の頻度で豆類を食べる。
  • 鶏肉を週に2回以上食べる。
  • ベリー類(ブルーベリーや苺など)も週に2回以上食べる。
  • 魚を週に1回以上食べる。
MINDの特徴はベリー類
MINDでは、果物の中でベリー類のみを摂取が推奨される食品として指定しています。 研究者によると、ベリー類の中でもブルーベリーは脳の健康を維持するうえで非常に優秀な食品の1つです。 苺も複数の研究で認知機能にとって有益であることが示されています。