閲覧以外での当サイトのコンテンツの利用をお考えの方は必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

適量の飲酒で2型糖尿病のリスクが低下

(2016年3月) "American Journal of Clinical Nutrition" に掲載されたシステマティック・レビューで、少量~適量の飲酒をする習慣がある人は2型糖尿病になることが少ないという結果になりました。出典: Association between alcohol consumption and the risk of incident type 2 diabetes...

研究の方法

飲酒量と2型糖尿病リスクとの関係を調べた観察研究の中から一定の基準を満たす26の研究を選出し、これらのデータを分析しました。 データに含まれる人数は70万人超(このうち女性は43万人超)で、2型糖尿病の発生件数は3万1千件でした。

結果
飲酒量が最も少ない(ほとんど飲まない)グループに比べたときの2型糖尿病発症リスクが、飲酒量が少量のグループでは-17%、飲酒量が適量のグループでは-26%でした。 これに対して飲酒量が多いグループでは、2型糖尿病の発症リスクは減っていませんでした(増えてもいなかった)。
「適量」に当たる飲酒量は?
この研究における「適量」の定義は不明ですが、米国の食事ガイドライン(2015年度版)では、女性は1日1杯、男性は1日2杯までが適量の飲酒であるとされています。