熟睡したければ朝に運動をしよう

米国の大学の研究によると、熟睡したいのであれば朝のうちに運動しておくのが効果的です。

この研究では、20人の成人に30分の運動を、午前7時、午後1時、および午後7時(それぞれ別の日)に行ってもらいました。

その結果、午前7時に運動をした場合に、他の場合と比べて、夜間に目が覚めることが有意に少なく、さらにREM 睡眠の時間も少なかったのです。 レム睡眠というのは、睡眠の中でも最も睡眠が浅い状態のことです。