ビタミンEが非アルコール性脂肪性肝炎の予防に有効かも

Case Western Reserve 大学などの研究グループが行ったマウス実験によると、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の予防にビタミンEが有効かもしれません。

ビタミンEでNASHの症状の一部が緩和されるあることは近年の複数の研究により示されており、そこからビタミンE不足と肝臓疾患のあいだに関係があることが示唆されます。

そこで今回の研究で、体内のビタミンE量を調節するタンパク質が不在となるように改造されたマウスを調べたところ、予想通り酸化ストレスや脂肪の沈着などの肝臓へのダメージの兆候が発生していましたが、マウスにビタミンEを補うことで NASH の症状の大部分を予防できました。

NASH は、肥満と2型糖尿病に付随する疾患です。 現在、NASH に治療法は無いため、肝臓移植を行う理由のトップが NASH となっています。