「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

ココナッツ・オイルでHDLコレステロールが増える

(2018年2月) "Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine" 誌に掲載されたチエン・マイ大学(タイ)の研究で、健康な若い成人がココナッツ油を毎日摂取するとHDLコレステロール値が上がるという結果になりました。

研究の方法

タイに住む18~25才の健康な成人男女32人(男女16人ずつ)を被験者とするクロスオーバー試験(*)を行いました。
(*) ココナッツ油を摂るグループと摂らないグループを入れ替えて試験を2回繰り返した。

試験では8週間にわたり、バージン・ココナッツ油15mlまたは同量のプラシーボ(カルメロース)を毎日2回(計30ml)摂取しました。 そして、8週間の空白期間ののちに、グループを入れ替えてさらに8週間にわたり同じことを繰り返しました。

結果

バージン・ココナッツ油を摂取したときには摂取しなかったときに比べて、HDLコレステロール値が5.72mg/dL増えていました。 LDLコレステロール値・総コレステロール値・中性脂肪値に違いは見られませんでした。

一部の被験者が軽い下痢になったほかは、バージン・ココナッツ油の摂取による副作用は報告されませんでした。