騒音による聴覚の衰えを防ぐのに健康的な食事が有効かも

(2015年5月) "International Journal of Audiology" に掲載されたフロリダ大学の研究によると、騒音による聴覚の衰えを防ぐのに健康的な食事が有効だと思われます。

研究の方法

2,536人の男女を対象にアンケート調査と聴覚検査を行いました。

結果

データを分析したところ、大きな騒音(職場の騒音やイヤホンで聴く大音量の音楽などでしょう)にさらされているが食事が健康的であるというグループの聴力が、騒音にはさほどさらされていないが食事内容が不健全であるというグループの聴力と同程度でした。

この結果から、健康的な食事によって聴力が回復することはないけれど、聴力の低下を防ぐ役には立つ可能性があります。
「健康的な食事」の定義
この研究における「健康的な食事」とは米国農務省が推奨する食事です。 その内容は、野菜・果物・食物繊維をたっぷりと摂り、塩分・コレステロール・脂肪分を控えるというものです。
聴覚が衰える原因

聴覚が衰えるリスク要因には避けられるものと避けられないものがあります。 避けられない要因とは遺伝的な体質や年齢で、避けられる要因は心臓・血管の健康状態や、食事の質、聴覚毒性を有する薬、大きな音です。

研究者によると、聴覚は心臓・血管、神経、代謝など体全体の健康に依存しています。 したがって、全身的な健康が損なわれると聴覚も損なわれやすくなる可能性があります。