騒音と糖尿病のリスク (メタ分析)

(2018年7月) "Environmental Research" に掲載されたメタ分析で、騒音がひどいと糖尿病になりやすいという結果になっています。
Mohammad JavadZare Sakhvidi et al. "Association between noise exposure and diabetes: A systematic review and meta-analysis"

研究の方法

居住地や職場における騒音の程度と糖尿病(*)のリスクとの関係を調べた9つの研究(†)のデータを分析しました。 データに含まれる人数は合計44万人超、糖尿病の症例数は1万7千件超でした。

(*) 「2型」に限定する記述は無い。

(†) 前向きコホート研究が5つ、横断研究が2つ、ケース・コントロール研究が2つ。 いずれも 2017年9月13日までに発表されたもの。

結果

騒音(種類は問わない)が5dBひどくなるごとに糖尿病のリスクが6%増加するという計算になりました。

騒音のタイプ別に分析すると、糖尿病リスクとの関係が強かったのはヘリコプター飛行機などの航空機騒音(+17%/5dB)と道路騒音+7%/5dB)でした。