コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。

ナッツ類がダイエットや健康に有益(1/2ページ)

(2015年6月) "Nutrition Journal" に掲載された米国農務省などの研究によると、ナッツ類がダイエットや健康に有益かもしれません。
Carol E. O’Neil, Victor L. Fulgoni and Theresa A. Nicklas Tree Nut consumption is associated with better adiposity measures and cardiovascular and metabolic syndrome health risk factors in U.S. Adults: NHANES 2005-2010. Nutrition Journal 2015, 14:64 doi:10.1186/s12937-015-0052-x (Licensed under CC BY 4.0)
研究の方法
19才超の男女 14,386人(男性51%)のデータを用いて、ナッツ類(*)の摂取量と健康状態との関係を調べました。
(*) アーモンド、ブラジルナッツ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ、ピーカンナッツ、ピスタチオ、クルミ
ナッツ類の摂取量に応じてデータ全体を次の2つのグループに分けました:
  1. 1日あたりのナッツ類平均摂取量が1/4オンス(約7g)未満 ⇒ ナッツ類を日常的に食べていないグループ
  2. 1日あたりのナッツ類平均摂取量が1/4オンス以上 ⇒ ナッツ類を日常的に食べているグループ(755人。 平均摂取量は44.3g/日)

そして、両グループで肥満や、心血管疾患(心臓病や脳卒中)、メタボリック・シンドロームのリスクを比較しました。

結果

ナッツ類を日常的に食べているグループの方が、肥満率(-23%)、BMI(28.7に対して27.9)、ウェストのサイズ(98.1cmに対して95.8cm)、収縮期(最高)血圧(122.1mmHg に対して119.5mmHg)、インスリン抵抗性(3.3に対して3.0)、HDL(善玉)コレステロール(52.9mg/dL に対して54.4mg/dL)のいずれにおいても健康的でした。

つまり、ナッツ類を日常的に食べているグループの方が太っておらず、血圧が高くなく、糖尿病のリスクが低く、コレステロールの状態が良好だったというわけです。