肥満者の血管の健康にとってはビタミンCが運動習慣の代わりになる?

(2015年9月) "14th International Conference on Endothelin: Physiology, Pathophysiology and Therapeutics" で発表予定であるコロラド大学ボルダー校の研究によると、肥満者においては心臓や血管の健康にビタミンCが運動に似た効果をもたらすかもしれません。出典: Vitamin C: The Exercise Replacement?

運動の必要性

肥満者ではエンドセリン-1(ET-1)と呼ばれ血管を収縮させる作用のあるタンパク質が増加しており、そのために血管が収縮しやすくて血流の要求に応えにくく、それゆえに血管疾患を発症するリスクが増加します。 このET-1を減らすには運動が有効なのですが、運動習慣のある肥満者は半数未満です。

研究の内容

ビタミンCに血管機能を改善する効果のあることが報告されているため、この研究ではビタミンCでET-1の量を減らせるか否かを調べました。

その結果、ビタミンCのサプリメント(長期放出型)を毎日500mg服用することで、ウォーキングを運動として続けた場合と同程度にET-1が関与する血管の収縮が緩和されました。

この結果に基づき研究チームは次のように述べています:
「肥満者ではビタミンCの服用を生活習慣として取り入れるのがET-1による血管収縮の緩和に有効である」