コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。

老け顔を治すための食事

普段の食事に気をつけることで、加齢を遅くし、顔を若々しく保つことができます。

  1. 糖分を控える
    "Age" という専門誌に掲載された研究によると、老け顔のいちばんの原因は砂糖です。 50~70歳までの中高齢者670人を対象にしたこの研究によると、血糖値が1ミリモル/L増加するごとに、5ヶ月老けて見えます。

  2. 脂肪分を避ける
    脂肪の摂り過ぎも肌によくありません。 血管も老化します。

  3. 塩分を控える
    塩分は水太りやむくみの原因となります。 1日あたりの摂取塩分量はティースプーンに1杯(2.4g)までにしておきましょう。

  4. 緑黄色野菜を多く食べる
    色とりどりの野菜や果実には抗酸化物質がたっぷり含まれています。 ビタミンC には、肌を若々しく保つ効果があります。 2010年に発表された研究では、黄色や緑色の野菜を多く食べている人では小ジワが少ないという結果が出ています。 参考記事: 野菜や果実をよく食べる人は肌が黄金色で魅力的に見える

    ブドウ(白ブドウを除く)やワインに含まれるレスベラトロールにも、不自然な老化を防止する効果があります。 参考記事: レスベラトロールに食欲抑制・長寿の効果

  5. 魚を食べる
    サーモンやイワシ、サバなどの魚にも若々しい外見を保つ効果があります。 これらの魚には、充実感のある肌を維持するのに必要なタンパク質に加えて、人体では合成できないオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が含まれています。 参考記事: オメガ3脂肪酸で染色体から若返る!?ω6脂肪酸にカロリー制限の効果?