閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

オリーブ油に骨粗鬆症予防の効果

(2012年8月) "Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism" に掲載予定の研究で、オリーブ油を豊富に含む地中海地方の食事(メディテラネアン・ダイエット)を2年間続けることで骨が加齢から守られるという結果になりました。

研究の方法

55才から80才までの127人を3つのグループに分けて、各グループに一定期間にわたり異なる食事療法を続けてもらいました。 1つ目のグループにはミックス・ナッツを使った地中海の食事、もう2つ目のグループにはバージン・オリーブ油を使ったメディテラネアン・ダイエット、そして3つ目のグループには低脂肪の食事を、それぞれ続けてもらいました。

結果

食事療法開始時点および開始から2年後の2つの時点で空腹時に血液検査したところ、メディテラネアン・ダイエットを続けたグループでのみオステオカルシン(骨に含まれるタンパク質)などの濃度が著しく増加していました。 血清カルシウムについても、他の2つのグループでは大きく減少していましたが、メディテラネアン・ダイエットのグループだけは、ほぼ一定に保たれていました。

解説
加齢による骨の量と強度の損失は、骨粗鬆症や骨折の原因になります。 複数の研究から、ヨーロッパにおける骨粗鬆症の患者数が地中海地域で少ないことが明らかになっています。 メディテラネアン・ダイエットでは、果物・野菜、オリーブ、オリーブオイルを多く食べますが、これが地中海地域で骨粗鬆症が少ない理由の1つである可能性があります。