「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

DHAやEPAで心拍数が減る

(2017年12月) 近年の研究により心拍数が多い人は死亡リスクが高いことが示されていますが、DSMニュートリショナル・プロダクツ社などの研究グループが "European Journal of Clinical Nutrition" に発表したメタ分析によると、魚油に豊富に含有されるDHAやEPAに心拍数を減らす効果があるかもしれません。

研究の方法

長鎖オメガ3脂肪酸(DHAやEPA)の心拍数への効果を調べた51のランダム化比較試験(2017年5月までに発表されたもの)のデータをまとめて分析しました。 被験者数は合計で3千人ほどでした。

結果

長鎖オメガ3脂肪酸を服用した場合には服用しなかった場合に比べて、1分間あたりの心拍数が平均で2.2回減るという結果でした。

DHAとEPAとを区別して行われた研究では、DHAを服用した場合に限り1分間あたりの心拍数が平均で2.5回減っていました。