骨粗鬆症の人は突発性難聴になることが多い

(2015年4月) "Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism" に掲載された奇美医療財団法人(台湾)の研究で、骨粗鬆症の人は骨粗鬆症ではない人に比べて突発性難聴(SSHL)のリスクが1.76倍に増加するという結果になりました。 出典: Osteoporosis Diagnosis Contributes to Hearing Loss Risk

突発性難聴とは

突発性難聴(sudden sensorineural hearing loss)は、これといった理由もなく突然あるいは数日間をかけて耳(片耳だけであるのが普通)が聞こえなくなるという病気です。 突発性難聴になった人のうち半数は自然に治りますが、症状が出たら直ちに医師の診察を受けることが推奨されます。 突発性難聴で治療を受けた人のうち85%が治療によって聴力がいくらか回復します。

研究の内容

この研究では、台湾在住で 1999~2008年に骨粗鬆症と診断された患者 10,660人の医療記録と骨粗鬆症ではない男女 31,980人の医療記録を用いて、2011年末までに突発性難聴と診断された率を比較しました。

追跡期間中に突発性難聴と診断されたのは、骨粗鬆症患者のグループでは91人、健常者のグループでは155人でした。

骨粗鬆症によって突発性難聴のリスクが増加するメカニズムはわかっていませんが、研究チームは、心血管的なリスク要因・骨脱灰・炎症・内皮機能不全が関与しているのではないかと考えています。
コメント
研究者は次のように述べています:
「骨粗鬆症が骨だけでなく心血管系や脳血管系にも影響することが明らかになりつつあります。 今回の研究では、骨粗鬆症が突発性難聴のリスクにも影響することが示唆されました」