「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

肥満度と食事内容がREM睡眠の割合に影響する?

(2016年6月) "SLEEP 2016" で発表予定であるペンシルバニア大学の研究で、肥満度と食生活が睡眠の質に影響するという結果になりました。

研究の方法
36人の健康な成人にペンシルバニア大学病院で2晩続けて10時間をベッドで過ごしてもらい、2晩目に睡眠ポリグラフを用いて睡眠の質を測定しました。
結果
過体重の人は普通体重の人に比べて、睡眠時間にREM睡眠(*)が占める割合が大きくなっていました。

(*) 心拍と呼吸が速く疲労回復効果が薄い、浅い眠りのこと。 夢を見るのもレム睡眠の最中であることが多い。 REM睡眠はステージ1~ステージ3に分類され、ステージが進むほど眠りが深くなります。

「REM(レム)」という名称は "Rapid Eye Movement" の頭文字に由来しています。 「REM睡眠」の対義語は「ノンREM睡眠」。
タンパク質の摂取量が多かった人でも、ノンREM睡眠(ステージ2)が睡眠時間に占める割合が少なく、REM睡眠が増えていました。