コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

「愛のホルモン」 オキシトシン

オキシトシンは視床下部で生産され脳下垂体から血中へと分泌されるホルモンで、「愛のホルモン」とも呼ばれます。 オキシトシンは妊娠中および出産後に急増して、母子の絆を深める効果をもたらします。 子猫や子犬を見て可愛いと思うのもオキシトシンのお陰です。

オキシトシンの効果は母子間だけに限定されるものではなく、成人同士の間でも利他性・寛容性・同情心などの向社会性を増強する、他人を信頼しやすい性質を強めるなどの効果を発揮します。 男女間の愛情にもオキシトシンが関与しています。

オキシトシンのこのような効果は、オキシトシンが脳に作用して恐怖・不安・ストレスなど他人との交流を妨げる感情を抑制することで生じます。

オキシトシンは、抱き合う・手をつなぐ・愛しく見つめるなどの行為により放出されるほか、スプレーなどが市販されています。 オキシトシンは陣痛促進剤として医療にも用いられています。