オキシトシンの副作用

(2015年5月) "Neuroscience and Biobehavioral Reviews" に掲載されたバーミンガム大学の研究によると、「愛のホルモン」として知られるオキシトシンにはアルコールと同じような副作用があります。

アルコールと同じような副作用といっても二日酔いや依存症ではありません。 この副作用というのは、次のような社交上の行動に関するものです:
  • 攻撃的になる。
  • 自慢してしまう。
  • 他人を妬んでしまう。
  • 仲間でない人を冷遇してまで仲間(家族や友人など)を優遇する。

オキシトシンにはアルコールと同様に恐怖感を鈍らせる作用と信頼感を増大させる作用がありますが、このような作用のために通常なら取らないような無駄に大胆な行動を取ってしまうのだと思われます。

この研究では、過去に発表された複数の研究の結果を調査しました。