コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

パレオ・ダイエットが心臓の健康に有益かも

(2016年8月) ヒューストン大学の研究チームが行った小規模で予備的な試験の暫定的な結果によると、パレオ・ダイエットが心臓の健康に有益かもしれません。 パレオ・ダイエットは広く普及している食事法ですが、パレオ・ダイエットの健康への効果を健常者で調べた研究は非常に少数です。

研究の方法

普段は一般的な欧米型の食生活を送っているという健常者8人に、8週間にわたってパレオ・ダイエットを続けてもらいました。 食事量の制限は行いませんでした。

結果

インターロイキン10(IL-10)が35%増えていました。 さらに、体重も少し減っていました。

解説
IL-10

IL-10は免疫細胞が分泌するシグナル伝達分子です。 炎症がひどいのにIL-10が少ないという人では心臓発作のリスクが増加します。 IL-10の増加には、炎症を中和して血管を保護する効果が期待できます。

研究チームは被験者の炎症の程度をまだ分析し終えていませんが、IL-10の増加により心臓病や脳卒中などのリスクが低下すると思われます。
IL-10以外の炎症の指標物質もパレオ・ダイエットにより変化していましたが、それが意味するところは現時点では不明です。
体重

体重が減っていたのは、パレオ・ダイエットにより摂取カロリーがおのずと減ったためだと思われます。 普段の食生活に比べてパレオ・ダイエットでは、炭水化物の摂取量が44%減り、摂取カロリーが22%減っていました(数字は被験者の自己申告に基づく)。

コメント
研究者は次のように述べています:
「欧米型の食事を短期間のあいだパレオ・ダイエットに切り替えるだけで、健康状態が改善される可能性が期待できます。 少なくとも、今回の研究で測定した指標に限ればの話ですが、パレオ・ダイエットが健康に悪影響を及ぼすことはありません」