閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

人の性格は一生のうちに別人のように変わる

(2017年2月) "Psychology and Aging" 誌に掲載されたエジンバラ大学(英国)の研究によると、人の性格は一定ではなく一生のうちに変わります。

研究の方法
1950年に14才の子供 1,208人の性格(*)をスコットランドの学校で調べたデータを用いた調査を行いました。
(*) 気分の安定性・自信・勤勉さ・ねばり強さ・向上心・独自性など。

研究チームが 1,208人の行方を探したところ635人の居場所が明らかになり、そのうちの174人が63年前に受けたのと同様の性格テストを受けることに同意しました。

さらに、この174人に親しい人を紹介してもらい、その人たちに174人の性格を評価してもらいました。

そうして、14才のときの性格と77才のときの性格を比較しました。

結果

174人の14才のときの77才のときの性格との間に、関係性がまったく見られませんでした。 それはまるで、2つのテストを別人が受けたかのようでした。

類似研究
これまでにも今回と同様の研究が複数行われていますが、今回の研究ほど極端な結果にはなっていません(2つの時点で測定した性格にある程度の関連性が見られた)。