閲覧以外での当サイトのコンテンツの利用をお考えの方は必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

性格と睡眠の質の関係

(2017年11月) フロリダ州立大学の研究チームが性格と睡眠の質の関係を調べた結果が "Health Psychology" 誌に発表されています。

研究の方法

米国に住む30~107才の男女2万2千人超の性格と睡眠状況などを調べたデータを分析しました。 睡眠状況は性格を調べたときに1回調べ、それから4~10年後にもう1回調べました。

結果

  • 外向性が高く神経症傾向が低かったグループは、2回の調査の両方において睡眠の質が良好だった。
  • 統制性(勤勉さ・責任感・意欲)が低かったグループは、1回目の調査から2回目の調査にかけて睡眠の質が低下していた。
  • 開放性協調性と睡眠の質とのあいだには関係が見られなかった。
  • 1回目の調査において睡眠の質が悪かったグループは、2回目の調査にかけて外向性・協調性・統制性が大きく低下していた。 このグループでは神経症傾向も少し低下していた。